好きな音で俺は今日も寝る!

作業用や寝る前の音楽でヒーリングミュージック聞くより俺はASMRで寝る

Youtubeの導線というものを考える<音フェチ編>

朝起きてツイッターを覗くとYoutubeのタイトルについて面白い記事をみた。

 

 

内容としてはターゲット層を決めて刺さる言葉選びをしていくといこう(かなり簡略化)

 

この2人の会話をのぞいていたんだけれど、まさにこの方向けに発信した言葉らしい。

 

自分が勉強してきた「社会心理学」というものがあるんだけど、ASMR(いわゆる音フェチ)っていうものはこれと同じくらい定義が難しいものだと思ってる。

 

それぞれ一言でまとめると

社会学は社会の当たり前を疑うこと

心理学は人の心に関すること

というとても漠然としていて、なおかつ”どんなことでも”社会学や心理学で言うことができる。

 

それと同様にASMRにおいても音という物自体とても範囲が広い。

一般的にASMR系の動画における音というのはタッピング・咀嚼音・ささやき声(小声)と言われることが多い

 

しかし音というのはこれだけではない。クラブでイェーガーボムを飲む僕から言わせてもらえばハードコアの体を揺らすド低音

おもちゃ箱の中で遊んでいる気持ちになれるハッピーハードコア

GABBAとかいう最高の電子ドラッグ、みんなと空間を共有して楽しんだ気分になれるEDMどれも好き

イェーガーっていう度数の高い酒と酒の周りを早くするエナジードリンクの特殊な飲み方)

 

・音には幅広い可能性を持つ

・幅が広いから死ぬほど理解をするのが難しい

・さらに伝えたいターゲット層が難しい

・だからこそ誰に聞いてもらいたいのかをきめる

・そしたらそこのファン層に聞いてもらえる可能性も増える

・もしかしたらその人も聞いてくれるかもしれない

 

    と こ ろ で だ

動画の内容だよ動画の!

t.co

(動画内の簡単な説明をしながら)

例えば初心者のYouTuberに見てもらいたいとして、

Youtubeを作るのにまぁ必要最低限「カメラ・マイク」は必要になりますよね。この2つに共通するのは「機材」それに加え具体的な値を示すために「10万円で揃う」そしてターゲット層の「初心者」などなどこのようなワードを散りばめ、なおかつ可能性を引き出すようなタイトル。。。。さすが元放送業界のひとは強いなぁ

 

これをASMRではめるのであれば、まずASMRの動画を探すということは音を楽しもうとしている人がベースとなるターゲット層ですよね。

次にどんな動画を載せるかによって切り分ける必要がある。

www.youtube.com

 

彼のツイート見てて日々改善に向けて頑張っているので、ぜひみなさんも応援おねがいします!

 

酒井さんも指摘されていたのですが、ASMRを探してきているのだからASMRの文字はも少し小さくても良いと思うという指摘は僕も見ていた。

例えるならば学生時代の時間割のようなものだ。例えばこのような時間割があるとする

 

月曜の1時間目「国語」

 

これだけだと例えば転校してきたばかりの人にとっては「国語といってもなんの授業をするの?」「なにか必要な道具や教科書ってあるの?」と思うものだ。

 

この対策としてこの日の国語の授業は山月記をしますというのを絵または写真などで伝える。それがサムネイルだ。例えば山月記の内容についてまとめた動画を探そうとした時山月記を知っている人はそれが書物(国語関係)になることは前提条件として分かっている。

 

そして山月記で調べてきた人はサムネイルに山月記とデカデカと載せたところで「だーかーらー俺は山月記を探してきたんだって!」といこられても当たり前かもしれない。

 

そこでタイトルや詳細に山月記に関するワードを含めた状態(検索ヒットする状態)でサムネイルに李徴が虎になることを暗示していたのはあのシーン!?みたいなことを書いていたら知らなければ一体どこのことだったんだろうと気になって見る。ここがいわゆる導線を作るということだ。

 

もしそれだけでもわかりにくい場合オノマトペは本当に強い。

その「状態」をひとことで表すからだ。のチャンネルは咀嚼音系の動画が多く・・・・

 

そうそう咀嚼音といっても一般的にはもぐもぐが定番かもしれないが、麺類になるとズズッっていう音、氷になるとシャリッなど様々ある。それをうまく色を使って表現するのもいいかもしれない。

 

メラビアンの法則というものがあり説明するのが面倒なので気になるやつは調べてくれ。簡単にいうと人は視覚の情報が大半という内容。

目で魅力を伝えられる人はファンを作りやすい

※イケメンは正義

 

コンテンツに関しては人それぞれなので試行錯誤とたまたま見てくれた日人がどんな価値観を持つ人なのかによっても変わるので酒井さんの解説が楽しみだ。

www.youtube.com