好きな音で俺は今日も寝る!

作業用や寝る前の音楽でヒーリングミュージック聞くより俺はASMRで寝る

【サルでもわかる】ASMRとしての萌え声を研究解説

 

 

 

ニコ生で見た萌えとASMRの関連性の研究

ニコニコ生放送にて萌え声とASMRを研究する山田真司教授(金沢工業大学)とネット上で広く好評のまことさんの対談がありました。

 

約1時間ほどの研究のニコ生、別途とスタッフとの対談がありとても面白い内容だったのでサルでもわかるほど噛み砕いたのでASMR、ネットライブをされている方いたらぜひ見ていただきたい。

 

 

 

おにいちゃんCD~1200の「おにいちゃん」が聞けるCD~

おにいちゃんCD~1200の「おにいちゃん」が聞けるCD~

 

どんな人の声が気持ちいいの

 内容としては全て「お兄ちゃん」というセリフのみで構成されているもので、様々なシチュエーションで読んでもらうというどう見ても変態な教授作品なのですが、その中の一部を聴いてもらい、この人の声はどのような声かを判断してもらう

 

不快     ⇄   快

きたない   ⇄   きれい

弱々しい   ⇄   力強い

明るい    ⇄   くらい

おとなしい  ⇄   活発的

軽い     ⇄   重い

明るい    ⇄   くらい

落ち着きのある⇄ 落ち着きのない

 

1000人に聞いてもらって多くの人が「Aさんの声はきれいな声であり、気持ちの良い(快)」と判断したら

きれいな声=快 ということが連携していると言える。

同様に「Bさんはきたない声であり、不快である」という判断が多ければ

きたない声=不快 ということが言える

 

しかし、統計を取るとそれはバラバラな結果になった。つまり聞き手によって快に感じる声の特徴は違うということだ。

そして「Aさんの声は快である」と聴き手が感じると、その人が何を言おうと快を感じるのである。例えばツンツンされても聴き手は萌えを感じるということだ。なんだただの変態製造機か

 

萌え声はなぜ好かれるのか

萌え声の特徴というものは3つあると山田教授と言う

  1. 声が高い
  2. 声が明るい
  3. 話速が速い(興奮して早口になるような感覚)

そして身体的な特徴として多いのが低身長と言う。

 

ただし幼児偏愛(ロリコン)とは全く違い、ただ単に小さい子が好きというわけではない。

萌は対象に深い執着を持ち自分のものにしたいが下の3点によって叶わない付かず離れずな関係性を楽しむ感情のことである。

  • 物理的(距離;会うことができない)
  • 倫理的(女児とのふれあい;社会道徳的に行けない)
  • 社会的な理由(叶わない恋:ボーカロイドのような機械への恋)

例としては他に妹萌え、二次元萌、ケガ人萌えなどを例に出していた

 

男を見て萌えを感じるか

では萌えは女性にしかない要素なのかというとそれはまた異なる。

例えばフィギュアスケート羽生結弦選手。

これを先ほどの要素に当てはめると以下のようになる

  • なで肩である・顎がシュッとしている(幼児的要素)
  • 彼を見に行くためにスケートリンクに行けどもリンクの中に入れない(距離・社会的要素)

これらが働き、萌えの要素が彼に働くという。

つまり、だ。萌えに性別に萌えは関係ないということになる。ぼくも萌えを目指すか

 

 

なんで音で気持ちよくなれるの

僕らは全てのことを脳で考えて判断するわけではなく、瞬時的に行動を行うことがある。

例えば寝ているときに突然近所でサイレンが鳴ったときに起きるのはもちろんだけれど何が起きたのかを察知して外を見に行くという行動、これは頭で考えているわけではない。音を聞いただけで考えることを放棄して「何かが起きた」「逃げるべきか判断しないといけない」と体が動く。これがASMRの前提になる。

 

本来なら

音を聞く→何の音か考える→感情が働く ものだが

音を聞く→→→→→→→→→感情が働く と直結するようになる

これがASMRの根底にあるものである。

 

最初に聞き手が同じなら声優Aが何を言っても快(不快)は変わらないと話したが、別の聞き手が声優Aを聞いて同じく同じ感情を受けるとは言えない。これは聞き手のこれまでの環境が影響してくる。

例えば僕は小さい頃に柿(牡蠣じゃない)を食べて給食後に戻した辛い経験があるのですが、柿を食べる動画見てて気持ちいいと思うことはないんですよ。でも、柿が好きな人がいたら「この柿を食べる時の音がいいんだよね!」というかもしれない。僕は嫌いだから知らんけど

 

このように生活環境によってもこの音は気持ちいい気持ち悪いというものは聞き手によって変わる。かわいい、かっこいいの基準が違うようなものとおもってもらえればいいと思う。

 

ASMR世界にどっぷり入り込みたい人は改めて自分がどういう生活をしてきたか。これを見直すと自分の好きな音を明確にわかるかもしれません。

 

僕も前にやって見たので、僕がどういうやつだったのか気になる方はぜひこちらからどうぞ 

www.asmrlife.net

 

 

「音の快・不快は環境によっても変わる」 ということも書いた記事があるのでご興味ある方は合わせてお読みください

www.asmrlife.net 

 

 

 

 

 

ひとことで言いたいことを見たい方はこちら

 

  • 聞く人によって気持ちのいい音・声は変わる
  • 好きな対象(人やモノなど)に会えない理由があると萌えを感じやすい