好きな音で俺は今日も寝る!

作業用や寝る前の音楽でヒーリングミュージック聞くより俺はASMRで寝る

既存をマイブランドに見せる力

 

 

最近僕がよく見る服がある

f:id:httshr:20181019211601j:image

写真はイメージだけどこういう服。実にエロい。

 流行りに疎い僕はたまたま同期がこんな服を着ていたから、コミュ障を発動しながらどこのブランドなのか聞いてみた。

 

 なるほど…。ブランドは全くわからずこれはこういう服の種類だとかなんとか。いろんなブランドでもこんな風な服があるのね

 つまりあれか。僕は「広く伝わっている一般的なものを固有のブランド」と勘違いしていたわけなのか。こいつァおもしろい。

 

速攻でブログの記事にしねえとな!生地だけに!ガハハ

 

 服に無知な僕はいつも行く友達のタイ式マッサージのお店に行ってこの話を伝えて知ってる限りの情報で伝えてやーっと答えが出た。これがレースっていうのか勉強になったなぁ。

 

 

 

 さてさて、このことを書こうと思ったのは他でもなくて「人は ある界隈にとっては当たり前なものを見続けると それを固有のブランドと錯覚する」ことがあるらしい。

 

 同じものを繰り返し見るとそれが流行、流行のブランドのものなのだと考えてしまったということはその服(という記号)に対してなんらかの方があるに違いないと誤認知したということか…。

 

 心理学に単純接触効果の仮説という同じものに何度も触れるとその対象に好意的な感情を抱きやすいとあるんだけれど、これとさらにバイアス(偏見)が混ざったのか。ふむふむ。

 

 

 この認知のミスを利用するなら例えば自分のチャンネルをより有名にするにはいかにも私の動画は多く見られている、知られていると思わせることが必要になりそう₍ᐢ. ̫.ᐢ₎

 

 それじゃあ、動画や音声作数を一定数以上出して、投稿者とユーザーが接触する機会をミリ単位のレベルでも増やすということが自分への認知を高める必要最低条件になるということか

 

 加えてそこから更に認知度を高めるためには「私は○○の人である」という認知を増やし、マイブランド化にしていくプロデュースをする必要になりそうね。

 

 

 

 難しいところが「自分で考える長所は他者評価における長所と異なる場合がある」こともしっかりと受け止めた上で精進することがブランド強化になるのだろう。

 

せっかくYouTubeやブログにはアクセス解析っていうどれだけ訪問したかわかるものがあるのでどの作品が人気で、自分の長所や相手のニーズをうまく当ててカユいところに手を伸ばすことで更に人気を博すようになるということか。

 

自分もブログ書き始めてまだ1ヶ月だからどういう記事が票を得ていてどんな記事がそこまで必要ないのか考えていくと楽しそうやな〜〜。

 

明日から休みだし楽しい休みにするぜ!じゃあの!

 

--------------------------------

今回内容が難しいのでひとことで要約

・動画の数を増やして目に触れてもらえる数を増やすことが「人気」への近道

・他人が「あなた(自分の作品)のここが好き」というのが客観的な長所

--------------------------------

現在Twitterとこのブログ内で新着更新の表示が出るようにしています。youtubeでも動画を載せているのでぜひチャンネル登録お願いします。

Twitterhttps://twitter.com/haruasmr

YOUTUBEhttps://www.youtube.com/channel/UCdBOlXEn12KMIn0hPMiRjNw